2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • たべごと
  • 山仕事
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月28日 (土)

かきもち その1

一年で1番厳しく冷え、乾燥している大寒のころ、かきもちを作ります。

今年、大寒の21日前後は、このあたりは例年より冷え込みが弱く、ちゃんと乾燥できるか不安で、かきもちを作るのをためらっていましたが、今週に入って、明け方が-5℃、日中も土間の中でも3℃より上がらない日が続いたので、今年も作ることにしました。

一日水に浸けたもち米を30分ほどザルにあげ、蒸してから餅つき器でついていきます。

今回はゴマ・青のり・エビ・唐辛子・黒米、それに、母が作ったゆずパウダー入りの6種類してみました。

その都度蒸して、ついて、つるつるのお餅になったところに、具と塩をいれていきます。そして、餅箱に仕切り板をし、四角くなるように餅をおきます。1日~2日たって、お餅がやわらかすぎず、固すぎず、ちょうど包丁で切れるくらいのかたさになったら、薄く切りそろえていきます。それを、重ならないよう、金網やザルに並べたり、藁であんだひもにつるしたりして、風の当たらない、冷たい部屋で約1カ月、じっくりゆっくり乾燥させます。

そうして乾燥させたものを、カンカンに入れておき、食べる分だけ焼いたり、油で揚げたりします。

寒の内につくったかきもちは、一年保存ができます。

Img_3047_640x427

切りながら味見。まだかきもちではなくて、お餅です。

Img_3064_640x427

細かく切ってあられ用にも。

Img_3083_640x427

2012年1月15日 (日)

とんど

Img_2831_640x427

毎年、年の初めに書き初めをします。もう、10年以上になるかな。

うちの裏の湧き水を汲んできて、その水を硯に入れてすります。この硯をする作業が好き。すっていると、すーっっと静かな気持ちになります。

そして、新年の決意や願い、夢などを思いつくまま何枚も書いていきます。

それから、自分が何を書いたかもすっかり忘れて日々が過ぎ、また新しい年が来て、去年は何を書いたかと見てみると、けっこう書き初めに書いたことがいくつか実現していたりします。

「世界平和」みたいな抽象的なのは難しいし、なかには、しつこく何年も同じ夢を書き続けているものもありますが、具体的なものは、けっこう「効く」んです。

自分の思いを体から切り離して書いて表し、それを自分で見るというのも、その、書いた紙を燃やすというのも、効きそう。

毎年、雪の上でのとんどですが、今年は珍しく土の上でのとんどとなりました。

Img_2909_640x427_2

2012年1月 8日 (日)

七草がゆ

Img_2811_640x427

昨日は七草がゆの日。今年は七色米の七草がゆにしました。

雪に覆われた畑に行って、「このへんかな?」と思ったところを掘って、出てきたはこべや蕪をとってきました。

年末年始と続いた特別な食事や時間を、普段の生活に戻してくれるかしこい習慣。

おかゆさんを食べると、胃もこころもほっとします。

でも、いくら体にやさしいおかゆでも、食べ過ぎると苦しくなるものですね。

2012年1月 3日 (火)

あけましておめでとうございます

Img_2749_427x640_2

あけましておめでとうございます。

お正月は、村を歩く人もなく、本当に静かです。
今年は雪も少なく、去年のように、みんなが家の前に出て、雪かきするようなこともありません。

カラスが時々鳴き、裏山で鹿が声をあげ、それに向かって、ラクが吠えています。

年末の慌ただしさから一転、おだやかなお正月。

今年もどうぞよろしくお願いします。

Img_2733_640x427

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »